バナナレポート

風変わりな何でも記事ブログ!・最新で月間6000PV・扱われたテーマは多数! 就活 観光 語学 副業 学術 理系 軍事 時事 廃墟 旅行 アプリ など!・ツイッターアカウントはこちらから!→https://twitter.com/lmdmnos583/status/1035249051132805120

検索用記事 ブログトップに来たらまずは本記事を!

本ブログのトップに本記事が来るようにしております。

 

携帯経由だと各カテゴリーの記事が見えにくいと思いますのでそのうちPro版に変えて色々弄ってみようとか考えてます。

 

現在の記事数は71!!

 

とりあえず本記事はカテゴリー検索用なので、タイトル部分に表示されてるカテゴリーの中でご興味のある分野がありましたらどうぞ。

 

今のところ

就活 ネタ 趣味 病気 観光 報告 アプリ 学術 ニュース 廃墟 副業

11種類だけのカテゴリーですが今後増やしていきます。100カテゴリー10記事ずつくらいにして辞書みたいにできれば、とは思っております。

 

Numbers3 投資記録【宝くじ】

最近、「モノは試し」と言わんばかりに色々挑戦していますが...

 

今回はギャンブルの定番、「宝くじ」についてです。

 

手っ取り早く大金を得る方法、、、というとまずはこれが思い浮かぶのではないでしょうか。

 

別に金銭的に困窮しているわけではない+何か特別欲しいモノがあってお金が欲しいってわけでもないのですが、就活ビジネスやらポイントサイトで10万円くらい収益を上げることに成功したので宝くじなんかも上手く考えれば行けるんじゃないかなーっていう興味本位の考えからです。

 

※就活ビジネスやポイントサイトについては下記記事参照。

shgg.hatenablog.com

 

さて、まずはどの宝くじに挑戦してみようか。

調べてみると実に宝くじって色々あります。

有名どころでは

ジャンボ宝くじ

・ビンゴ5

・BIG

TOTO

ロト6, 7

ミニロト

・numbers3, 4

などです。

ですが、何億円や何千万なんてのは早々当たりません。当選金額分のくじを購入してもおそらく当たる確率は低いでしょう。

私がとりあえず狙ったのはもっと低額のくじです。

上記の中で最も当選確率が高いのが、今回目をつけた「Numbers3」です。

 

「Numbers3」は1くじあたり200円で、0~9までの数字を3つ選ぶだけです。平日は毎日午後6時までくじを購入することができます。

当選番号である3桁の数字は平日午後7時半頃毎回発表されます。すなわち、ほぼ毎日挑戦できる宝くじというわけです。

 

宝くじの購入方法は4通りあります。

・ストレート;3桁の数字すべてが順番も含めて一致した場合に当選扱い。

当選金額は10万円(当選者数によって多少上下)。

・ボックス;3桁の数字が一致すれば当選扱い。順番は問わない。当選金額はストレートの1/6

・セット;ストレートいくつか+ボックスいくつか、という感じで分けてくじを買える・当選金額はストレート1/2、ボックスは1/12。

・ミニ;下2桁さえ合っていれば当選扱い。当選金額は1/10、だいたい10000円くらい。

という感じです。

 

さて、この中だと私が狙うのは「ミニ」ですね。

例え1万円の当選でもコツを掴んで継続的にあてることができればかなりいい!とでも考えていました。1くじあたり200円の投資で済むところもわりと魅力的です。

それに当選確率が1/100と聞くと、意外と当たるんじゃないか?元金割れするのは50くじ分の購入だが50回挑戦すればさすがにまず当たるのでは?とか思っていました。

 

しかし、この1/100の当選確率だからって「100回やれば1回は当たる」って考え方は危険です。実はこれ、間違っています。

1/100の確率で当選する宝くじにおいて、この「くじを1回引く」という試行を100回繰り返したとしましょう。1回以上当選する確率を求めます。反復思考の定理を{ _nC_r p^r q^{n-r}}を使ってもいいですが大変なので余事象を使えばすぐ分かります。全部外れたとしたら確率は{(99/100)^100=0.366}

故に、1からこれを引き算して求める確率は63.4%す!!

100回チャレンジしても63%の確率でしか当選できないのです。100回中99回当たってこなかったから100回目に当たる確率は極めて高い!と思ってしまいますが、これは心理的な錯誤なのです。

 

つまり、毎回ちまちま1くじずつ購入するよりも、1回の試行の際に可能な限りたくさん買った方が実は効果的です。とはいえ、心理的には一度にたくさん賭けるのには抵抗が出てしまうものです。

 

とりあえず私はまず600円だけかけてみました。3くじ分です。直近のくじの傾向だけ見ました。

第4990回 078偶

第4991回 308偶

第4992回 371奇

第4993回 075

第4994回 300偶

第4995回 650偶

第4996回 731

第4997回 943

第4998回 271

第4999回 045

第5000回 317

第5001回 488

第5002回 480

第5003回 571奇

第5004回 635奇

第5005回 283奇

まで見てみて、第5006回のくじを購入しました。

ミニくじにおいて百の位はガン無視です。

・基本的には同じ数字が連続する確率は低いです、故に隣の位の数が同じというケースはとりあえず省きましょう。

・ざらっと見た感じでは位の数が前の結果と被ることも極めて少ない気がします。5005回が「83」なので80台はないですね。また1の位の3もなしとしましょう。

 

・Numbers3は最近は奇数が連続し始めるとしばらく奇数のまま、という傾向がずっと続いています。故に奇数三回が続いているのならば次も奇数でしょう。

 

・ここ最近では0, 1, 3, 5, 7, 8が1の位として出ていますが、2, 4, 6の偶数が全く出ていない+奇数では9が不発。奇数で不発の9は高いか

・ここ最近では0, 1, 3, 4, 5, 7, 8が10の位として出ていますが、2, 6, 9全く出ていない

という以上のことを鑑みて1の位は9の確率が高い!!、10の位は2, 6, 9あたりでは?!と考え、

傾向通りの「69」と、少し10の位をずらした「19」を買いました。

1個だけ特に考えもせずテキトーにストレート「309」を買いました笑

 

果たして結果は...??

惜しい!!

79」でした!!

9という点は当たっていましたが、10の位はヒットせず。

 

その後は

第5007回 704偶

第5008回 589奇

第5009回 674

第5010回 960

第5011回 046

第5012回 234

次の第5013回を買っています。今度は第4867回~あたりからの100回分以上の履歴をExcelで分析してやっています。奇数はよく連続しますが、偶数が5回も連続するケースはほぼなかったので次は奇数であると予想しました。

また、見えた傾向としては

・百の位の数は次の回の下二桁の数には来にくい、故に20代及び1の位に2は来ない

・前述の理由から30代はない、1の位4もない

・第4867回以降一度も出ていないのが、奇数では21, 27, 33, 67, 85, 91, 95。だが最も多いのは1回だけ出たことのある数。意外と1回でたやつはしばらくしてすぐ次も来る。該当する奇数の中で30代でないものは03, 07, 11, 15, 41, 43, 53, 57, 61, 63, 65, 73, 79, 81, 83のいずれか。

これ以上絞り切ることはできず、もう思い切って、「11」と「15」を購入しました。

f:id:SHGG:20180922055524j:image

 

すると....

当選番号は「681」!!残念。。

人生上手くいかねーなー

これで合計1000円マイナスです。色々面白かったのでギャンブル心を出させてくれる遊びとしては申し分なかったです。両方1の位は当たっただけに残念。

 

もう買いませんが、第5014回の番号を予測するならば、

・100の位の話から6は含まれない、故に60代と1の位6は除外

・10の位の話から80代は除外

・1の位の話から1の位は1ではない

・奇数は連続しやすいので次出るのも奇数か

といった感じなので1回しか出てないやつが出やすいことを考慮して「03, 07, 15, 25, 43, 53, 57, 73, 79」あたりなのでは?

この9つを買って当たれば8000円くらい得しますが。。。

ちょっともう損失したくないので買いません笑

 

もし明日当たってたらいやだなー

 

 

 

 

検索用記事 ブログトップに来たらまずは本記事を!

本ブログのトップに本記事が来るようにしております。

 

携帯経由だと各カテゴリーの記事が見えにくいと思いますのでそのうちPro版に変えて色々弄ってみようとか考えてます。

 

現在の記事数は71!!

 

とりあえず本記事はカテゴリー検索用なので、タイトル部分に表示されてるカテゴリーの中でご興味のある分野がありましたらどうぞ。

 

今のところ

就活 ネタ 趣味 病気 観光 報告 アプリ 学術 ニュース 廃墟 副業

11種類だけのカテゴリーですが今後増やしていきます。100カテゴリー10記事ずつくらいにして辞書みたいにできれば、とは思っております。

 

荒野行動 プレイしてみた!!

最近、人狼ジャッジメントをとある理由でしなくなった代わりに...

 

荒野行動

をやっています。

 

荒野行動は香港の企業Netease Gamesが開発し、2017年11月にリリースしたスマホでやれるFPSゲームです。思想が右翼気味に傾倒している私としては「中華のゲームなど...」と思っていましたが、最近ダウンロードしてみると「お、これは面白い!!

と思いましたw(手のひら返しー

 

中国の技術はドンドン進歩してますね、技術者も国家レベルで育成・支援しているようですし。さすがです。

エンジニアや技術者・研究者を大事にしない日本の頭の固い文部科学省の官僚連中では日本人の頭脳を腐らせるだけ(実際高学歴の理系優秀層は外資系や商社・コンサルなどの高収入企業に流れています。理系特化型の職業である技術者になるのが理系の最優秀層ではない、なんて皮肉めいてますね)...と考えてしまいます。

 

おっと話が逸れましたね。

さて、このゲーム。スマホでできる、という点が斬新です。スマホでできるFPSゲームはこれしか知りませんが、かなり出来が良いと思います。

 

最初アプリを開くとJPサーバーかグローバルサーバーか選べます。日本人が多いのは前者、後者は中国人が多めですがJPサーバーのが難しいです。日本人のゲーム厨が多いせいでしょうか。

 

基本的なゲームの流れは、100人オンラインで集められ、広大なフィールドで殺し合い、最後に生き残った1名が勝者となります。

 

モードは、シングル、デュオ、スクワッド、クインテットの4種類があります。シングルは1人のみ、デュオは2, スクワッドは4, クインテットは5人でチームを組んで戦います。

 

普通にプレイするとチームはランダムで構成されますが、事前に示し合わせれば友人や掲示板で募集した人とチームを組めます。

デュオの場合は2人だけなのでわりとしっかりチームで戦えますが、4,5人ではちゃんと指揮官がまとめないと単独行動に走る者が沢山出てチームはすぐ瓦解します笑

チームなのに単独で戦うのもなんか面白いですがね

 

ゲームを始めると、まずは待機所で待ちます。以下の画面の場所です。100人集まるまで1分ほど待ちます。

f:id:SHGG:20180920142902p:image

時間になると画面が切り替わり、以下のようにヘリに乗ってる状態になります。
f:id:SHGG:20180920142923p:image

黄色線の上をヘリが進んでいます。好きな場所で「出る」をタップすればパラシュートで降りられます。右上の地図で行きたい場所をよく確認しましょう。

ヘリの内部にどのくらい人が残っている、すなわちまだ降下していないかはキャビン内の人数を確認すればわかります。以下の画像では49です。
f:id:SHGG:20180920142820p:image

 

いざ飛び降りると、降下し出します。
f:id:SHGG:20180920142831p:image

左のスティックを前に倒すと腕をたたんで降下スピードが増します。ゆっくり降下して水平方向に大きく移動したいときは左スティックをいじらずに目線を水平方向に合わせるとよいです。

素早く降下したいときは左スティックを前に倒し、目線を垂直方向に合わせましょう。まあ、ぶっちゃけこの辺は慣れですね

どの辺に着陸するべきか?敵がたくさんいるのは市街地なので戦いたければ市街地、ただし、致死率は高いです。ゆっくりアイテムを回収して隠れつつ倒すなら外れの村あたりに着地すればよいです。

f:id:SHGG:20180920142915p:image

パラシュートで降下中

f:id:SHGG:20180920143409p:image

家に入ると武器やアイテムがあるので拾いまくります。家の上の方の階なら見晴らしがいいので2,3階がよいですが、登ってくる敵もいます。

階段などで待ち伏せしましょう。

f:id:SHGG:20180920142825p:image

待ち伏せして倒せました。倒すと遺体は木箱になり、持ってたアイテムをとれます。近接戦ならショットガンがオススメです、当たりやすく威力も高い。遠距離は当然狙撃銃。アサルトライフルは万能型ですね。
f:id:SHGG:20180920142907p:image

力尽きるとゲームエンドです。
f:id:SHGG:20180920142854p:image

 

アイテムには手榴弾、煙玉、回復薬、ガソリンなど色々。車やバス、水上ボートなども普通に運転できます。

 

注意すべきは安全エリアです。

ゲームが開始してしばらくすると右上の地図には白い円と大きな赤い円が現れます。

f:id:SHGG:20180921031509p:image

この白い円の中は安全区域。赤い円の外側は危険区域、いるとダメージを受け続けます。真っ赤の地域は空爆エリア、建物内にいないと爆撃でやられます。これはランダムで発生しますが普段はあまり気にしません。

時間が経つと赤い円が狭まり迫ってきます。白い円のところまで迫ってくると一旦止まり、再び別の安全区域が設定されてまた危険区域が迫ってくるって感じです。

f:id:SHGG:20180921031645p:image

 

要するに、区域を制限しないといつまでたっても広大なフィールドで決着がつかないから存在するルールでしょうが、結構ペースが早いです。

しかも、後半になればなるほど戦えるスペースは狭くなり、危険エリアで受ける持続ダメージは大幅に増します。

 

すなわち、考えながら移動して戦闘を行わないといつのまにか危険区域にいて持続ダメージで戦わずに戦死ってこともあります。

 

こちらは武器の調整画面。獲得したアイテムなどをチェックします。

f:id:SHGG:20180920144427p:image

オレンジの煙が出ている荷物です。後半戦になるとヘリが支援物資をランダムに落としてくれます。結構レアな武器やアイテムが入ってますが、目立つので敵も集まる・待ち伏せされやすいです。このときは私は入手できて

f:id:SHGG:20180920144339p:image

中身はギリースーツ!狙撃銃とスコープももってたのでかなり初めての頃にやりましたが全然見つかりませんでした。おかげで順調に生き残れたんですが...
f:id:SHGG:20180920144347p:image
おかげで初めてのワンキルができたのですが、結局このゲームは終盤発見されちゃって3位くらいで終わりました。撃ち合いになったんですが、こちらの弾は当たっても即死しないのに、敵は簡単にヘッドショット決めてくるから当たります笑

なんだか敵は岩陰に出たり入ったり立ったままで動いていたので、匍匐で動き回れば逆に目立つ上に回避効果も薄かったみたいです。

f:id:SHGG:20180920144757p:image

 

反省を活かして敵と街中で戦闘訓練したりして、後半戦は基本は匍匐でじっとして狙撃、見つかったら遮蔽物に出たり入ったり立位で動いて銃撃戦しました。

そうすると...
f:id:SHGG:20180920144409p:image
f:id:SHGG:20180920144401p:image
撃破4までいけました!!f:id:SHGG:20180920144415p:image

最後の2人まで残ったんですが、惜しくも破れ2位。やはり1位になるのはかなり難しいようです。。

 

やってみてですが、

・索敵が難しい

・一応体力制ではあるものの集中して撃たれればすぐ死ぬ

・当てるのも結構難しい

といった点から緊張感もありますし、サバゲーと似ています。

サバゲーでは匍匐しながらよく動き回ってたりしてたんで、あー意外と匍匐でも動くとバレやすいんだなって勉強になりました。

なお、荒野行動はVC(=voice chat)ができます。相手も会話に乗ってくれるかは分かりませんが。日本人は聞き専の人が多い気がします、自分の声を出したくないってことですね。

普通の文字によるチャットもゲーム中にできます。

 

狙撃したいときは匍匐でじっとする、攻めるときは中腰で物陰に入ったり出たりして銃撃するって戦法は勉強になりました、サバゲーでも実際に使えそうなので今度やってみたいです。